「ハイキュー」監督とコーチ一覧!

ハイキューの監督・コーチ(キャラ)一覧 キャラ解説・正体
記事内に広告が含まれています。

バレー漫画の名作の1つ『ハイキュー!!』のキャラクターで人気が集まるのは選手たち。

ですが、その選手たちを指導・サポートする監督とコーチもすばらしいキャラばかっりだと思いませんか?

ということで今回は、各高校の監督やコーチを一覧で解説していきます。





ハイキューの監督・コーチ①武田一鉄

まずは主人公の日向 翔陽(ひなた しょうよう)の高校:烏野高校の監督です。

武田 一鉄(たけだ いってつ)/CV:神谷 浩史

男子バレー部顧問・監督は武田先生です。

烏野高校の現代文のメガネ教師で、そのメガネがダサいと言われて凹むこともあるとか…(汗

身長は166.5cm、体重は59.4kg。

1月10日生まれの29歳で肉じゃがが好きなんですよ~。

結婚貯金からバレー部にお金を出そうとしているので奥さんはまだいないようです。

結婚相手はお料理上手な方がよさそうですね^^

初めはバレーのルールも何も知らない素人でした。

しかしコーチの烏飼などに教えてもらいながら、バレーについて熱く勉強していきます。

翔陽などの部員たちのためにできるサポートをできる限りしていく姿勢が好きです。

また部員たちにポエムのような熱い応援の言葉をかけます。

それも読者の胸を熱くさせる一つだと思います!

武田先生の熱い言葉はクサいんだけど、うざくはないんですよね。

その言葉を聞くと、本当に勝てると思わせてくれる、勇気がわいてくる。

感激してウルッとくることもありました。

私のこどもたちも、これから小学校・中学校・高校…と学校生活が待っています。

こんな武田先生のような熱い先生に出会ってほしいな~^^

声優は、夏目役でおなじみの神谷 浩史さんです。




ハイキューの監督・コーチ②烏養繋心

烏養 繋心(うかい けいしん)/CV:江川 央生

続いは烏野高校のOBでコーチ、烏養さんをみていきます。

普段は坂ノ下商店の店番でのちに店主。

身長は178.2cm、体重は72.2kg。背はバレー部の中では中間くらいだったんですね。

4月5日生まれの26歳。玉こんにゃくが好きな食べ物のようです。

最初はコーチを何度も断っていたものの、熱烈な武田先生のお願いに負けて期間限定で引き受けることに。

烏野高校男子バレー部が強豪だった時代の名将・烏養監督の孫でもあります。

現役時代のポジションはセッターでしたが、レギュラーではなかったみたいです。

実技よりも、対戦相手の分析力が高く、部員ひとりひとりへの的確な指導は素晴らしいです。

私は大学で音楽を勉強して師について教わったことがあります。

指導を受けるなら、“有名な演奏者だった人物ではなく、その指導者に習え”ということ。

私は繋心はまさにそのタイプなのではないかなと思います!

将来、実業団に入ってバレー選手として活躍する影山や翔陽。

本人の実力もありますが、的確な繋心の指導があったからこそなのではないでしょうか?

声優は田中 一成(たなか かずなり)さんが第1期~第3期8話まで担当されていました。

しかし、脳幹出血により49歳の若さでお亡くなりにました。

後任は江川 央生(えがわ ひさお)さんで第3期9話から変わっています。



ハイキューの監督・コーチ③烏養一繋

烏養 一繋(うかい いっけい)/CV:中 博史

続いてはおじいちゃん烏養先生をご紹介していきますね。

烏野高校男子バレー部が強豪だった時代の名将と言われた元監督

お名前からもわかるとおり、現コーチの烏養 繋心の祖父(69歳)です。

かつては春高に導き、烏野高校の「小さな巨人」と呼ばれた選手を育てています。

現在は自宅の庭コートで近所の小中学生やママさんにバレーを教えています。

最近は腕相撲が孫に負けるのではと体力の衰えも感じているみたいです。

でももうすぐ70歳ですよ?音駒の監督もそうですが、それだけですごくないですか?

さらなる進化のため、日向も一繋の自宅へ行き教えをこうこともありましたよね!

私の率直な感想は、「いいなぁ~バレーできるじいちゃんかっこいい!」

自分のおじいちゃんがもしこんなかっこよかったらとあこがれませんか?(笑)

ちなみに私のおじいちゃんは大工さんでした!

実家を設計したのは祖父で、小さいころその設計図を見てワクワクしたのを覚えています。

当時はそのすごさがわからなかったです。

でも、その設計図が実際に家になっていくというのはとてもすごいな~かっこよかったな~と思います!

声優は中 博史(なか ひろし)さんが担当されています。

 

ハイキューの監督・コーチ④入畑 伸照

入畑 伸照(いりはた のぶてる)/CV:星野 充昭

次に、青葉城西高校バレー部監督の入畑先生(52歳)を解説します!

試合ではあまり指示を出さない監督なんですよね~。

優れた司令塔である及川や選手たちに試合を任せています。

対戦相手の選手の成長などに対し、警戒しながらも素直に評価しています。

烏野高校との練習試合では、コーチが影山を逃したことを悔やむシーンがありました。

「烏野だったから、あの(ビブス)5番(日向)が居たからこそ…」と入幡監督はいさめています。

コーチよりも長い経験があるので、やっぱりわかっているんですね!

声優は『ワンピース』のマゼラン役など演じている星野 充昭(ほしの みつあき)さんです。

 

ハイキューの監督・コーチ⑤鷲匠 鍛治

鷲匠 鍛治(わしじょう たんじ)/CV:中尾 隆聖

強豪白鳥沢学園の監督、鷲匠監督(71歳)をみていきます。

誰もが忘れられない監督の1人ですよね。

バレーに必要なシンプルな戦術を重視する監督です。

高さ・パワー・牛若をはじめとした個人の力で点を取ることを何よりも求め、白鳥沢学園を不動の強豪にしました。

白鳥沢学園との初めての対決で翔陽のことを全否定していたのが印象的。

それは、翔陽と同じく、現役時代自分の身長:高さに悩んだ背景があるからです。

コンプレックスだったというのがストーリーからわかります。

(身長は公開されてはいませんが、おそらく160㎝前後)

それは変えられない現実で、自分がプレーするのではなく指導者の道を選んだのだと思います。

しかし、次第に翔陽のあきらめないプレーに心境の変化が起こっていきます。

烏野高校との対決で屈辱を味わったものの、最終的には翔陽の進化に監督が抱えてきたものが少しは救われていったのではないでしょうか?

また、初めの頃は冷酷で実力主義のイメージなのかと想像していました。

しかし教え子たちへの愛情は誰よりもあり、部員からの信頼もアツいです。

声優はばいきんまんなどでおなじみ、中尾 隆聖(なかお りゅうせい)さんです。

 

ハイキューの監督・コーチ⑥猫又 育史

猫又 育史(ねこまた やすふみ)/CV:福田 信昭

なんと言っても“ゴミ捨て場の決戦”をイメージする猫又監督。

長い年月をかけ”護りの音駒”をつくりあげた音駒高校の現監督(68歳)です。

一度は高齢のため退いた時期もあったのですが、復帰しています。

細い目つきで優しく人の良さそうな、近所にいそうな親しみやすいおじいちゃんです。

しかし烏養元監督や孫のことになると、負けず嫌いでまるで子どものような姿を見せる一面も。

烏養元監督とは現役時代のライバルでした。

そして年を重ねた現在もライバル関係は続いていて、お互いにどこか楽しそうなんですよね。

練習試合などで対決はしてきたものの、全国という夢の舞台では【ゴミ捨て場の決戦】が実現しませんでした。

それが教え子たちによって実現できたことに、若いころの闘志がよみがえったのではないでしょうか?

そしてゴミ捨て場の決戦がいよいよ映画化!楽しみですね!!

指導スタイルは、ここぞという時に言葉をかけるものの、基本は部員の自主性に任せています。

声優は、俳優としても活躍し、多数の外画吹き替えもしている福田 信昭(ふくだ のぶあき)さんです。

「ハイキュー」監督・コーチのまとめ

バレー部員を支える、個性的な監督・コーチを解説してきました!

どの監督もそれぞれにポリシーを持っていて、バレーが大好きというのが伝わってきますね。

部活にこんな指導者がいたら、厳しいけれど楽しいだろうなと想像してしまいます。

管理人は小・中と運動をしていました。

しかし、才能や体力がなく、なかなか上達しませんでしたね…。

監督は怖い存在でしたし、自分の実力の無さからどこか距離を感じたりもしました。

ハイキューに登場する監督・コーチのキャラをみていくうちに、あの頃にもっと監督とコミュニケーションをとっておけばよかったな~なんて感じてしまいます。

そうすれば、下手なりにももっと部活が楽しくできたのかもなんて思います。

今となっては良い思い出の1つですが、懐かしさを思い出したりもする時間でした!



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました