私の幸せな結婚・かやはその後どうなった?最後は幸次と結婚するのか大胆考察!

私の幸せな結婚・かやの最後はどうなる? キャラ解説・正体
記事内に広告が含まれています。

私の幸せな結婚に登場する美世の妹かや。

斎森家が全焼してしまったその後、どうなったのか?

かやの最後は幸次と結婚できるのか?

などなど気になることを調査しました!





私の幸せな結婚・かやはその後奉公に…

『わたしの幸せな結婚』に登場する、斎森美世の妹:かや。

結論から言いますと、かやのその後は、厳しいと言われている家へ奉公に出されます。

両親とは離れて暮らすことに。

奉公に出されてからの登場はまだありません。

その頃についての描写はないようですが、

美世を恨んだり、一人になり孤独を感じたりしていたのかもしれません。

どうなっていくのか気になりますよね。

再登場はあるのでしょうか?

奉公に出されたかやのその後

原作小説7巻で、かやが奉公に出て1年後、手紙を送ってきたお話がありました。

美世と清霞の結婚でお祝いの手紙を送ってきたのです。

しかしお祝いとは言うものの、かやらしいなんとも皮肉めいたものでした。

1年前のことは今でも腹が立つ。

しかし美世より要領のいい自分は、奉公先でうまくやっているし苦労もしていない。

異形におそわれるなどの苦労ばかりの美世に比べれば、こちらは何倍も平穏だ。

というような内容でした。

美世よりは上というような負けん気の強さ、ごう慢さは相変わらずだな…

苦労もしていないと書いている時点で、辛い思いもしているんだろうなと個人的には感じてしまいました。

奉公先はどんなところなのかは明かされていません。

しかし、清霞の決めた奉公先です。

奉公先の家の人々は、厳しくても道を外れたようなことはしていないと感じます。

心の中で文句を言いながらも、奉公先でのへこたれていない彼女が目に浮かびますよね(笑)

また、美世に謝る気は今後もなさそうな気がします。

しかし恨み妬みでいっぱいではなく、かやなりに進もうという前向きな思いが伝わってきました。

厳しい奉公をするうちに、少しは改心しているようです。

続いては斎森家が両親が最終的にどうなったのかをご紹介します。



斎森家のその後は?

斎森家は自らの不始末で家は全焼。

その後、斎森家は異能者の家系としての力は完全に地に落ちることに。

父である斎森真一と継母の香乃子(かやの本当の母)は地方に住まわされます。

かなり貧しい生活が待っているようでした。

斎森家はもともと異能の家系でした。

異能とは、鬼などの異形が見える、あるいは特別な力を持つ能力のことです。

ただ、以前から異能の家柄の中でもどんどん位が下がっていました。

今後は異能の仕事はなくなっていくため、場合によっては斎森家は衰退していくのかもしれません。

自分たちの私利私欲に走りすぎた斎森家。

最後にはそれが仇となり、全て失うことになりました。

自分で蒔いた悪しき種は自分で刈り取らなければいけない。

そんな因果を感じてしまいました。

そして、かやの婚約者:辰石幸次のその後も気になりますよね?

次に幸次がどうなっているのかを見ていきたいと思います。

 

辰石幸次のその後は?

辰石幸次のその後について解説していきます!

もともと幸次は美世と幼馴染で思いを寄せていました。

斎森家でひどい扱いを受けてきた美世をいつも気にかけていました。

しかし、かやの婚約者になることに。

その後は異能者として強くなるために修行しています。

幸次は美世に思いを寄せていたのに、かやとの婚約は解消してはいません。

「できなかった」とぼやいてもいます。

しかし、自分の成長によって斎森家が再興できるかもしれないことで、幸次も受け入れているようです。

自分の力の無さに失望し、美世を自らの手で救うことができなかったという償いの思いも感じます。

そして辰石家の過ちにも責任をとっている気がします。

斎森家をかやと再び盛り立てていくという責任と使命感

前向きに美世とお別れしている姿で少したくましくなっているなと感じました。



私の幸せな結婚・かやの最後は幸次と結婚する?

では次に『わたしの幸せな結婚』かやの最後はどうなるのか考察していきます。

結論から言いますと、かやの最後はどうなるのはまだわかりません。

幸次とは婚約したままです。

ネット上では、かやの最後がどうなるのか考察がなされていました。

奉公が終わるか、または幸次が迎えにくるという形で結婚するのではないか?

こういった最後を考察される方が多いです。

なるほど!そうなるといいですよね。

人間の性格というのは簡単には変わりません。

ですが、多少なりともわがままや傲慢さを反省して改心しているかや。

そしてかやは美世から幸次を奪ってはいますが、彼のことは好きでもなんでもありません。

その後はたまに文通しているだけになっているようです。

しかし、個人的には幸次のがんばりやかやへの優しさによって、幸次への愛情が芽生えてくれるといいなぁと感じています!

結婚したとしても、暮らし向きは決して楽ではないかもしれない。

かやが幸次を愛せる・思えるようになれば、ささやかでも幸せに暮らせるのではと思います。

そして、かやと幸次の幸せも願ってしまいます!

 

私の幸せな結婚・かやの最後は?まとめ

ここまで、私の幸せな結婚のかやのその後や最後についてみてきました!

かやのその後は厳しい家に奉公に出されました。

そしてかやの最後はまだわかりません。

最後は幸次と結婚して、斎森家を再び異能の家として盛り立てていくのではと思われます。

かやと幸次には、どちらも異能の力が少しはあります。

斎森香耶の異能とは?声優やプロフィールも解説!

もし結婚するなら、かやと幸次の子どもも異能が備わるはずです。

気が早いでしょうか(笑)

かやの子だから、癖強めなんだろうけど、きっとかっこいい(かわいい)はず!

幸次に似るとしたら、優しすぎか気が弱い子になってしまうかもですが…

かや、幸次、そしてその子どもたちが美世とよい関係になってほしい。

そして久堂家の力になってくれるといいですよね^^

きれいごとな考えでしょうか(汗

結婚して幸せを感じている美世と清霞。

この先も困難が待っていそうです。

それを乗り越えて、幸せになっていく2人の姿も追いかけていきたいと思います!



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました