はたらく細胞・実写化キャスト予想一覧!いつから公開で監督や脚本は誰?

はたらく細胞の実写化キャスト予想一覧 作品解説・考察
記事内に広告が含まれています。

実写映画はたらく細胞のキャストは誰なのか、とても気になりませんか?

今回は2023年8月現在の情報をまとめ、超個人的なキャスト一覧を予想しました。

また、いつから公開なのかや監督・脚本といった映画情報についてもまとめています。

最後までどうぞお読みください^^




はたらく細胞・実写化キャストは?佐藤健が白血球!?

『はたらく細胞』実写化キャストは発表されているのでしょうか?

公式の情報ではまだキャストは発表されていません(2023年8月現在)。

しかし、報道などで一部キャストの情報が出ています。

かなり有力な情報だと思われますので、載せていきたいと思います。

まずは白血球(好中球)です。

こちらは佐藤 健(さとう たける)さんが有力ではないかと言われています。

佐藤さんは白血球役。そしてもう1人の主要キャラクターである赤血球役はーーー
引用:NEWSポストセブン

全身真っ白の白血球(好中球)!

実写化するとしたら佐藤健さんも顔面が真っ白に!?

毎回メイクに時間がかかりそうなキャラ、白血球役もまさにそうではないかと思います。

顔や体にどうらん?を塗るのはお肌に負担がかかりそうです(泣

とにもかくにも超イケメン演技派俳優でクールな役も何でもこなす佐藤さん。

作品が変わるたびに、その役の魅力が最大限に引き出されていくんですよね。

白血球も絶対ハマること間違いなしです!!!



はたらく細胞・実写化キャストは?永野芽衣が赤血球!?

今度は赤血球役について見ていきます!

こちらも報道があり、有力候補の1人なのは…

永野 芽衣(ながの めい)さんです。

ーーーーー赤血球役は、永野芽郁さん(23才)に決定したと聞いています。佐藤さんと永野さんは、永野さんが主人公の「鈴愛」を、佐藤さんが幼なじみの「律」を演じたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(2018年)以来5年ぶりの共演です。
引用:NEWSポストセブン

かわいくて、純粋なキャラから個性的なキャラまで何でもこなす永野芽衣ちゃん。

永野芽衣ちゃんの役って毎回印象に残るし、忘れられないよな~

といつも感心しています。

また、2023年夏に放送された本格サスペンス『御手洗家、炎上する』に主演され話題になりましたよね。

これまでに見たことのなかった芽衣ちゃんの演技にハマりました〜

大好きな女優さんの1人です。

佐藤健さんとの共演した『半分、青い』も見ていました。

紆余曲折があり最後には結ばれた2人がとても印象に残っています。

そんなお似合いの2人が『はたらく細胞』実写でまた見れるのは本当に嬉しいです!

はたらく細胞・実写化キャストは?芦田愛菜が人間役!?

続いて、主要キャストとして報道されているもう1人の俳優さんをみていきます。

それは芦田 愛菜(あしだ まな)さん!

今年、慶応義塾大学に入学されましたよね。

入学したては勉学に集中したかったようで、撮影は4月を避けてと希望されていたようです。

芦田 愛菜(あしだ まな)さんは、阿部 サダヲ(あべ さだお)さんと人間役で共演ではないかと言われています。

くわしくはこちらの記事にまとめています!

ぜひお読みくださいね^^

「はたらく細胞」実写にオリジナルキャラ?

はたらく細胞・実写化キャストは?キラーT細胞や血小板は?

続いては、はたらく細胞・実写化キャストの他のキャラクターについて見ていきます。

漫画やアニメではキラーT細胞や血小板、マクロファージなど、たくさんのキャラがいますね。

他のキャラクターのキャストは誰なのか?

ということで、こちらの記事にくわしくまとめました!

はたらく細胞映画のキラーT細胞や血小板などのキャストは誰?

はたらく細胞・実写はいつから公開?

はたらく細胞の実写映画はいつから公開するのか?

結論から申し上げますと、公開日に関する公式の発表はありません。

しかしいつごろになるのか、とっても気になりますよね?

これまでの撮影状況を調べてみました。

5月には公式X(旧Twitter)などでボランティアエキストラが募集されていました。

そしてエキストラの撮影は6月末には全て終了したようです。

ではエキストラで参加された方々がつぶやいておられました!

“とても素晴らしい経験になった、キャスト発表や公開まで楽しみ”

といったコメントなどです。

撮影の様子のポストも、参加したどの方のコメントも楽しい・素敵な雰囲気が伝わってきました!

公開に向けて順調に進んでいるようですね。

本当に待ち遠しいな~と思います^^

さらなる情報解禁がもうすぐあるといいですよね。

個人的には2024年中に何らかの公式発表を切望しています!

公式の情報が発表され次第、追記していきたいと思います。




はたらく細胞・実写の監督や脚本は?

はたらく細胞の実写映画の監督や脚本は誰なのでしょうか?

監督は武内 英樹(たけうち ひでき)さん。

そして脚本は徳永友一(とくなが ゆういち)さんです。

武内英樹さんは、『翔んで埼玉』や『テルマエ・ロマエ』などの大ヒット作を手がけた監督です。

どちらの作品も、人気漫画を原作としています。

漫画の実写化はかなり難しいです。

実写化されてきた作品で【実写はひどい】と厳しい意見が多くありますよね。

『はたらく細胞』となると、その難易度はさらにあがるのではないでしょうか?

しかし、『翔んで埼玉』も『テルマエ・ロマエ』の実写映画はとてもおもしろい作品でした

大成功を収め、原作漫画の売れ行きも、その後の円盤売り上げもどんどん伸びました!

『はたらく細胞』も清水茜先生の漫画が原作です。

そして実写化は反対と言ったネット上の意見がみられます。

武内英樹監督は、そんな意見を跳ね返してしまうくらい魅力的な作品を作っているに違いないと感じています^^

そして、脚本を手がけるのは徳永友一さんです。

徳永友一さんの手がけてきた作品も、どれもが大好評でした!

映画『かぐや様は告らせたい〜 天才たちの恋愛頭脳戦〜』や『ライアー×ライアー』などです。

そして徳永友一さんは『翔んで埼玉』の脚本を担当されていました。

『はたらく細胞』実写映画は、武内 英樹さんと徳永友一さんの最強タッグにより制作されています。

人間の体の中の細胞たちを実写で!?

この難関・難題を乗り越えたおもしろくて素晴らしい作品になるんだろうな~と期待しています!!!


error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました